【iHerb】トコジラミ韓国出荷でも「出た」の口コミなし!段ボール対策すれば大丈夫!

ブログタイトルとiHerbのロゴ画像

iHerb(アイハーブ)はアメリカのサプリメント、コスメ、食品、日用雑貨などを扱う通販サイトです。

iHerb(アイハーブ)の商品倉庫はアメリカ各地だけでなく韓国にもあるため、韓国からiHerb(アイハーブ)の商品が届くこともあります。

2023年11月に韓国ではトコジラミの大量発生がありました。
その後、2024年1月半ばの韓国では、トコジラミは終息してきて、落ち着きを取り戻している様子です。

しかし、韓国に商品倉庫があるという理由で、iHerbの商品はトコジラミは大丈夫なのか心配の声が多く上がっています。

ですが、iHerb(アイハーブ)の商品にトコジラミが入っていたというSNSの口コミはありませんでした。

段ボールを好むトコジラミが配送中に付かないかという心配もあるので、段ボール対策をしておけば大丈夫!

SHEINのトコジラミの記事はこちら↓

目次

現在の韓国でのトコジラミは

2023年11月に韓国でトコジラミの大量発生が話題になりました。

電車内などを一斉消毒している画像は記憶に残っている人が多いのではないでしょうか。

現在の韓国では、トコジラミが話題になることもなく、2024年1月に韓国旅行した人の口コミもありますが、大丈夫な様です。

Xの書き込み画像1
引用元:X
Xの書き込み画像2
引用元:X

2024年の韓国は心配されていたトコジラミの影響もなく、旅行もできる様です。

iHerbのトコジラミ心配の声多数あり

iHerb(アイハーブ)の日本発送の倉庫はアメリカだけでなく、韓国にもあり、iHerb(アイハーブ)で買い物したいけど心配の声が多数上がっています。

iHerbで商品を購入したいけど、怖くて出来ないという口コミが多数あります。
自宅でトコジラミが大量発生してしまったら大変なことになり、駆除業者を呼ばないといけなくなったら困ると思うのが普通ですよね。

SHEIN・Qoo10海外通販の2024年状況はこちら↓

iHerb(アイハーブ)の荷物にトコジラミの確定情報はなし!

Xの投稿画像
引用元:X

2023年11月23日のX(旧Twitter)の書き込みにiHerb(アイハーブ)の段ボールにトコジラミがいたという書き込みが1件ありましたが、iHerb(アイハーブ)の段ボールの写真の投稿で、実際のトコジラミの画像がありません。

段ボールと壁(自宅の壁?)の隙間にいたとあり、段ボールの中から発見された訳でもなさそうです。

その上、この商品の発送元は、韓国の倉庫からの発送ではなく、アメリカのカルフォルニアからの発送と記されています。

そうなると、段ボールと壁の間にいたのはトコジラミではなく、他のカメムシなどの虫の可能性も高いと考えられます。

今まで見たことのないトコジラミを見て、すぐにこの虫はトコジラミと判断するのは難しそうですよね。

この投稿のあった2023年11月後半はトコジラミが1番騒がれていた時期ですし、黒っぽい虫がいただけでもトコジラミ!と思ってしまいそうです。


この投稿以外にiHerbにトコジラミがいたという投稿は1件もありませんでした。

iHerb(アイハーブ)の信用に関わるから対策はしっかりしている!

iHerbのECサイトの画像1
引用元:iHerb

iHerbは創業27年になるアメリカの大きなECサイトです。
iHerbが取り扱っているのはサプリメント、コスメ、食品、日用雑貨で、口に入るサプリメントや食品も多数扱っているので、品質管理は厳格に行われています。

iHerbのECサイトの画像2
引用元:iHerb


商品管理の倉庫が韓国にもあるのであれば、韓国でトコジラミが大量発生している情報はいち早くキャッチして、対策をしているでしょう。

iHerb(アイハーブ)にトコジラミがいたら信用に関わるのに放っておくはずがありません。

そもそもサプリメントや食品が韓国から発送されていたとしても、ビニールで密封されているので、ツルルツしたビニールを登れないトコジラミは商品の中には入り込めません。

段ボール対策をしっかりすれば大丈夫!

iHerb(アイハーブ)の段ボールの荷物にはトコジラミはいなくても、日本や韓国のトコジラミが撲滅されたわけではないので、配送の荷物の中にトコジラミが付く可能性も低いですが、段ボール対策をしていれば大丈夫です。

トコジラミの解説画像
引用元:X ぬまがさワタリ

トコジラミ対策:段ボールの安全な取り扱い

段ボール内に入ったトコジラミの対処は、「とにかく家に入れない!」これを徹底してください。

通販などで段ボールが家に届いた際には以下のポイントをチェックしてください。なお、基本的には家の外で段ボールを開封するようにしましょう。

◆外観チェック
・穴がないか
・段ボールの隙間がすべてガムテープで留めてある
◆内部チェック
・フタ(フラップ)を開閉する際にチェック
・商品をどけてチェック
・下フタ(フラップ)の隙間をチェック

トコジラミは5~8mmなので目視で十分確認できます。段ボール内に異変がないか、例えば段ボールに穴がある、またガムテープがしっかり留まっておらず隙間があるなら、絶対に家に入れないようにしましょう。

外で開封して、そのまま段ボールを処分。なおビニール袋に入れて外部にトコジラミが拡散しないようにすることも大切です。

Yahoo 段ボールアドバイザー

トコジラミの関連記事はこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

目次